業界関連ニュース

かんぽ生命、Winnyで顧客情報流出 - 民営化前の委託先社員PCが感染と発表

2009年 11月 24日更新

7月にアリコジャパンが10月にかんぽ生命が顧客情報が流出し問題なっています。

中小企業の社長さんがこれを見て「ウチには関係ないね。」と考えているのであれば、それは黄色信号、いや赤信号かもしれません。

いまや個人情報をパソコンで管理するのは当たり前になってきてますが、まだまだ、危機認識が甘いですし、「個人情報を売ってお金にしちゃおう」と考えてる経営者もいらっしゃるくらいなので疑ってしまいます。

ほとんどの個人情報流出は人的による災害だと思っております。

人事的にもシステム的にも万全にしていても情報は漏れる可能性は十分にあります。情報が漏れてしまう事そのものが問題ですが、危機管理を常にとっていないのはもっと問題かと思われます。

あまり知られていませんが、三井住友海上東京海上日動などで賠償責任保険として個人情報保護専門の保険があります。保険料は、5年前に比べ高くなってますがこういう危機管理をする必要があるかもしれませんね。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/10/09/040/index.html

つぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加

業界関連ニュースのバックナンバー

お問い合わせはこちら!