Outlook(アウトルック)で送信できない対処法

イライラ

こんにちは。タカギです。

お客様からOutlookでメールが送信できなくなるといったご相談を頂くことがございます。

できればOutlookを使ってほしくないというのが本音ではあります。

しかしながら、ビジネスで使われるメーラー(メール送信ソフト)のシェア率は2018年の「ビジネスメールの実態調査*」で全体の約35%。3人以上に一人がOutlookを使っていることになりますので「それは自分でやってよ」という訳にもいきません。

Outlookのエラー事象は様々ですが今回は「メールが送信できない」という内容にフォーカスし記事をご紹介したいと思います。

※ご注意・免責事項
このコラムではあくまでもタカギ本人の経験を元に書いた内容、一般的な対処方法を掲載しており、決して解決をお約束するものではありません。実施については自己責任で行っていただくようお願いします。なお「この記事を読んだ通りにやったけど全然うまくいかない」などで直接的、間接的に何らかの損失があってもアットインフォでは一切補償致しません。

受信はできるけど送信できないってなに?

なに?

Outlookで受信ができて送信できない時はエラー番号を確認しましょう。

おそらく「0x800ccc67」と書かれていることが多いはずです。これはなにか?

これはメール設定における送信メールサーバーの設定が異なっており、送信できていな事象になっております。

異なっているというよりかはOP25Bといって迷惑メールを送信規制するための設定がプロバイダー側で設定されています。細かい事はネットワークに詳しい方もいらっしゃるので割愛し、解決方法を結論だけお答えします。

送信メールサーバーのポートを「587」にする。

おそらく現在のメールの設定情報では送信メールサーバーのポート番号が「25」になっている可能性が非常に高いです。そのポート番号を「587」にすることで概ね解決が可能です。

ちなみにOutlookのポート変更方法について画面付きで書こうかとおもいましたが、バージョンによって選択するメニューが異なるので書くのを諦めましたw

Outlook 20xx 送信メールサーバー 変更方法」などで検索してみてください。

SSL通信の場合は「465」にする。

なお、SSLを利用している場合は「465」で解決することが多いです。プロバイダーからお知らせなどが届いてる可能性が高いのでポート番号をしかるべき内容に変更すれば大体クリアすることが多いです。

SMTP認証を設定する

「メールの送信エラーはないけど、相手に届いてない」というケースの場合はSMTP認証がないパターンがあります。Outlookの事例ですが、下記の設定をお試しください。なおOutlookでもバージョンによってやり方が異なります。

サーバー会社に必ずマニュアルはありますのでそれを参考にしてみてください。

SSL通信で送信できないケース

メールをSSL通信していてポート番号「465」で送受信ができないケースがございます。送受信ができないケースとしてUTM(セキュリティ強化されたルーター・ハブみたいなもの)が設置されている場合は送受信できない場合があります。

その際は、送信メールサーバーを「587」にして受信メールサーバーを「110」にすることでクリアする事がございます。

メールサーバーが変更になっていた

プロバイダもしくはレンタルサーバー会社の仕様変更でメールサーバーのアドレスが変更になっている可能性がございます。

いきなりアドレスが変更されているということはありませんので契約しているプロバイダやレンタルサーバー会社からのお知らせを確認してみて下さい。

実は他にもあったりする

そもそもインターネットにつながってない

メールが送れないケースのあるあるとして根本的にインターネットにつながってないということがございます。きちんとインターネットがつながっているか落ち着いてみてください。

メールアドレス間違い

スペルミスだったり、半角英数なのに全角になっていることはよくあります。
「相手からのメールを返信しているから間違いない!」という方、もしかしたらその送信アドレス設定が間違っている可能性があります。

メールソフトの不具合など

メールを5年以上使っていてお使いのOutlookのファイルが破損なんてこともあります。ほかにもパソコン自体ダメになっているなんてことも普通にあります。その場合はメーカーのサポートに電話していただくことをお勧めします。(ほとんど買い替えになるケースが多いですが)

パスワードが変更されている

なんらかの事情でパスワードが変更されているなんてことありませんか?
基本的にはパスワードはご自身が変更しない限りは変更するということはありませんが…。つまりは不正アクセスです。

もう一度設定時のパスワードを入力してダメだった場合は管理画面で新しくパスワードを設定しましょう。

(おまけ)不正アクセスされていると思ったら…

もし「不正アクセスされてるんんじゃないか?」と思ったらお使いのウイルスソフトでウイルスチェックをすることをおすすめします。一つだけではなく複数のウイルスソフトでお試し下さい。

わざわざウイルスソフトを購入しなくても無料のオンラインスキャンがあります。念の為リンクを貼っておきます。

まとめ

今回はメールが急に送信できなくなったという内容について書いてみました。こういったテクニカルな内容は本業の方にお任せするのが一番かと存じますが、私自身もよく忘れてしまうことがあるのでメモも兼ねて書いてみました。

  • 送信ポートが「25」になっていたら「587」にする。
  • SSLでの送受信をしている場合は「465」にしてみる。
  • SMTP認証を設定する。
  • SSLを利用していて社内にUTMがある場合は「587」にしてみる。
  • メールサーバー情報を念の為確認する
  • インターネットが繋がっているか?

あとがき

Outlookの送信メールエラーの記事は「Outlookあるある」の一つなのでこの手の記事は多く書かれていますしw 今更感はありますが書いてみました。参考にしていただければ幸いです。

飲み友達のエンジニアにこのことを話したときに、

確かにタカギくんの言う通りだけどさ、”何故送信できないのか?”というのを説明しないとだめだよw

と苦笑いしながらご指摘を頂きましたw
でも、知りたい人ってスグに解決したい」はずですし殆どの方が文を読まないから結論だけ書いて上げた方が親切じゃないかな?って個人的には思います。

では。

出典

一般社団法人ビジネスメール協会「ビジネスメール実態調査2018」(2018 年 6 月 5 日)
https://businessmail.or.jp/research/2018-result/

WEBの仕事はかれこれ20年近くしております。サイトを実際に組み立てるというよりかは、商品やパッケージ化が個人的には好き。